MENU

消費者金融と銀行のメリットとデメリット

お金が必要になったその時に、すぐに借入ができるサービス。
それが即日融資です。

 

消費者金融でも銀行でもお金を借りることはできます
即日融資なら消費者金融が断然有利です。しかし、多額の借金をできるだけ安く借り入れたいということであれば、銀行のほうがよいでしょう。

 

自分にとってどんなローンが適しているのかを判断するには、それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。

 

消費者金融のメリットとデメリットとは?

お金を借りることができる方法を考えるといろいろ思いつくことでしょう。
しかし、私たちの生活の中でのちょっとしたピンチを救ってくれるのは実は消費者金融なのです。

 

ここでは、その消費者金融のメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

 

メリット

消費者金融のキャッシングサービスのメリットいえば、その迅速なサービスにあります。
中でも、審査の速さには定評があります。

 

ちなみに、審査の業界最短時間は30分といわれているから驚きです。であるが故に、申し込んだその日に融資を受けることができる即日融資も十分可能というわけです。従って、緊急的にお金が必要な時には、必ず役に立つことでしょう。

 

デメリット

即日融資で便利な消費者金融ですが、メリットばかりではなく、当然デメリットもあります。
消費者金融ののデメリットは、金利が高めである、ということです。

 

消費者金融では資本がない上に、お金を貸す以外に商売がありません。従って、早期返済を想定して金利設定を高めにすることになってしまいます。ということは、消費者金融は多額の借金を長期的に借りることには向いていないということになります。

 

銀行のカードローンのメリットとデメリットとは?

人生の中ではある程度のまとまったお金がひつようになることもあるでしょう。
そんな時に、良心的な金利で長期に渡ってお金を借りることができるローン、それが銀行のカードローンです。

 

メリット

銀行のカードローンのメリットといえば、やはり低金利で多額の借入ができる、ということです。

 

銀行のカードローンは銀行のローンの一つです。
つまり、当然銀行の低金利での借入が可能なところは大きな強みです。

 

2006年から総量規制という法律が開始されました。
これによって、消費者金融では多額の借金をすることができなくなっています。しかし、銀行のローンは全て対象外となっています。もちろん、カードローンも例外ではないので、高額の融資も十分可能なのです。

 

デメリット

それに対して、銀行のカードローンのデメリットは、審査に時間が掛かり、通過が難しいことです。

 

確かに、銀行のカードローンは低金利であることがメリットではあります。
しかしその分、審査も慎重になってしまいます。ですから、審査には当然時間が掛かり、今すぐお金の工面が必要な時の借入には向いていません。

 

また、審査通過のハードルも消費者金融と比べると高めになっています。